パラオの地図

パラオガイド トップ > 地図

パラオの地図

パラオは南北約640kmにわたり散在する島々で形成されています。陸地総面積は約458km2ですが、ミクロネシアで2番目の面積を誇るバベルダオブ島がその7割を占めています。586島の島々のうち、人が住んでいるのは9島のみで残りの大多数はすべて無人島です。パラオガイドではパラオ全域地図を用いてパラオの人気ダイビングポイントや見所をご紹介いたします。
また、パラオの中心であるコロール島はパラオ総人口の約7割が居住しています。地図上でみれば数ある島々の1つに過ぎませんが、このコロール島がパラオの人々の生活拠点となっています。パラオガイドではコロール島のダウンタウン地区を中心に人気レストランやお土産屋を地図でご紹介。パラオへのご旅行をご検討中の方、是非パラオガイドの地図情報を参考にされてホテルや人気ショップの位置情報を把握してみては!?

パラオ全体図

パラオ全体図

パラオ街の地図

(1)~(12)の店名をクリックすると、詳しい内容をご覧になれます。

パラオ街の地図 どらごん亭 鉄板どらごん 美登寿司 ザ・タージ アジアングリルダイビング&バー「エリライ」 パームベイビストロ 九州居酒屋 スリヨタイレストラン 居酒屋MOGMOG(モグモグ) ジャイブカフェ&レストラン ベムエルミイバーガー&フライ ベストコーヒー&ドーナツ

パラオ各エリアのご案内

コロール島

パラオの中心地でもっとも人口が多いのがコロール島です。
メインストリート沿いはパラオ唯一の繁華街で、多くのホテルやレストラン、お土産屋が軒を並べています。特にダウンタウン地区はショッピングセンターやオフィスビルが集まっており、地元の人や観光客でにぎわっています。
パラオで人気のレストランやお土産屋はほとんどコロールに集まっています。ブラブラと街歩きをしながらお気に入りの1店を見つけるのも楽しみの一つ!コロール島以外のホテルにご宿泊の方も便利なシャトルバスが運行していますので、ぜひ街中でのお食事やショッピングもお楽しみください。

バベルダオブ島

「パラオ本島」とも呼ばれ、パラオ国際空港やパラオの新しい首都、マルキョクもこのアラカベサン島に位置しています。
ミクロネシアで2番目の大きさを誇り、大自然に溢れています(ちなみに1番はグアムです)。遺跡群が点在し、またパラオ最大の滝「ガラツマオの滝」もこのバベルダオブ島に存在します。
近年は道路事情も好転し、島を1周できるように舗装道路が施されています。レンタカーを借りてのんびり本島一周のドライブを楽しむもよし、またオプショナルツアーに参加すればガラツマオの滝までジャングルをトレッキング、ガラドア川をクルーズして野生のワニを見学などアドベンチャー気分をお楽しみいただけます。

アラカベサン島

パラオ随一の本格リゾート、パラオパシフィックリゾートがあるのがこのアラカベサン島です。
コロールのダウンタウンとは対象的に、静けさに満ち、のんびりと滞在するにはもってこいの島です。コロール市内まではやや距離がありますが、コロール島と橋でつながっているので、レンタカーやシャトルバスを利用すれば簡単にアクセスできます。

マラカル島

パラオの海の玄関口となっているマラカル島。
多くの島がサンゴ礁に覆われている中、マラカル島の周りにはリーフのない海域が存在しています。そのため大型の船も通過することができ、パラオ随一の商業港であるパラオ港も建設されました。また、多くのダイビングショップもこのマラカル島にあり、まさにパラオのマリンビジネスを支える島となっています。

カープ島

コロール島より南西に40km離れたところに位置する星型の島。
スピードボートを使ってコロールから約1時間と決してアクセスが良い環境とは言えません。しかしダイバー憧れの「ブルー・ホール」や「ブルー・コーナー」といった人気ポイントまでボートでわずか15分という好立地!また、ダイビングをしない方もシーカヤックなどでのんびりとお楽しみいただけます。

ペリリュー島

コロール島より南に50kmに位置する人口約700名の小さな島、ペリリュー島。
ダイビングの好ポイントに囲まれ、カープ島同様ダイバーに人気が高いです。また、第二次世界大戦の激戦地としても知られています。島中に点在する戦跡と美しいビーチ。パラオの海を満喫しつつ、パラオの歴史の一面を知ることができる島です。

ページトップへ

パラオツアーを検索!